ルックJTBで行くニュージーランド 南島・北島を8日間でぐるっと巡って、まるっと満喫!旅行出発前に要チェック! ニュージーランドの基礎知識

(2018年10月1日~10月8日 7泊8日)
※レポート内容・情報は旅行参加時のものとなります。

  • ツイートする
  • シェアする
  • LINEで送る

日本から見ると、はるか南に位置するニュージーランド。国土の約1/3が国立公園や自然保護区に指定されているほど豊かな自然に恵まれたこの国は、訪れる人を魅了してやみません。美しくもバラエティに富んだ自然風景は、ひとつの国と思えないほど表情豊か。リピーターが多いのもうなずけます。そんなニュージーランドを余すところなく巡り、見逃すことなく楽しむなら、パックツアーが断然おすすめです。自然美だけじゃない、さまざまな魅力をご紹介していきます。

旅のポイント

  • 変化に富んだ大自然を楽しむ
  • ハイキングやトレッキングで心と頭をリフレッシュ!
  • 主要タウンでぶらり街歩き
  • ロマンチックな星空にうっとり

ニュージーランドの旅 8日間 行程

1日目
NZ090便 成田空港18:30 → (機中泊)
2日目
NZ090便 → オークランド国際空港9:05
NZ0621便 オークランド国際空港12:05 → クイーンズタウン空港13:55
ルックJTB限定『ようこそクイーンズタウン』に参加(クイーンズタウンを日本語ガイドと一緒に街歩き♪)
ミレニアムホテル泊
3日目
ミルフォードサウンド1日観光
クラウンプラザ泊
4日目
クイーンズタウン~マウントクックへ(バス移動しながら観光)
ハーミテージホテル泊
5日目
マウントクック半日ハイキング
テカポ湖観光
マウントジョン天文台星見ツアー
ペッパーズブルーウォーターリゾート泊
6日目
テカポ湖~クライストチャーチへ
クライストチャーチ市内観光
ディスティンクション クライストチャーチ泊
7日目
NZ0594便 クライストチャーチ国際空港11:00 → オークランド国際空港12:20
ルックJTB限定『ようこそオークランド』に参加(オークランドの人気スポットを日本語ガイドがご案内♪)
NZ0091便 オークランド国際空港22:05 → (機中泊)
8日目
NZ0091便 → 羽田国際空港5:55

旅立つその前に知っておきたい基礎知識

ニュージーランドってどんなところ?

日本と同じく小さな島国であるニュージーランド。面積は日本の約2/3ほどです。日本からすると、地球の裏側・南半球に位置しているので季節は日本と真逆ですが、一年を通して穏やかで温暖。ただし、南へ行くほど気温が低くなるのも日本とは逆なので要注意です。雄大な自然の中で暮らす人々は、マオリ系、ヨーロッパ系、ポリネシア系、アジア系など多種多様。ですが誰もが気さくでフレンドリーな楽しい人たちです。

北島 ~ にぎやかな都市と雄大な大自然が共存 ~

活火山や保護区の島があり、大自然と都市が共存しています。ニュージーランドの総人口のうち約3/4が北島に集中。国内最大の都市オークランドを始め、ウエリントンやハミルトンなど賑やかな街が多く街歩きを楽しめます。。
1000年以上昔、ポリネシアにあると言われる伝説の地ハワイキからカヌーでやってきた先住民マオリ族の文化が色濃く残っている地域でもあります。

南島 ~ 山や氷河、星空などダイナミックな自然を満喫 ~

世界遺産の宝庫といっても過言ではないほど、手付かずの雄大な自然が残されている地域。海や山々、氷河など、その景観はダイナミックであり、ドラマティック。野生動物たちを眺めたり、自然が育んだワイナリーを楽しんだり、見どころは尽きません。最高の星空観賞が楽しめるスポットとして有名な「テカポ湖」があるのも南島です。ニュージーランドを周遊するタイプの観光ツアーの多くは南島がメインとなっています。

覚えておきたい基礎知識

【気候】
北島は主に亜熱帯気候、南島は温帯気候です。日本と同じく四季はありますが、冬でも日中は10~15℃ほどと一年を通じて温暖。ただし、南島内陸部の高山地帯では、冬になるとマイナス10度まで気温が下がることもあります。

ニュージーランド旅行で気をつけたいのは、一年中とても乾燥しているということ。乳液やリップクリームなど保湿対策は必須です。また、日差しが強いので夏以外でも日焼け止め対策は怠らないようにしましょう。

【服装】
季節に合わせるのはもちろんですが、朝晩と日中の寒暖差が大きいので、脱ぎ着で調整できるよう重ね着ファッションがおすすめです。

【通貨】
通貨は、ニュージーランド・ドル。コインは10、20、50セントと1、2ドルの5種類。紙幣は5、10、20、50、100ドルの5種類です。ただ、ニュージーランドはクレジットカード社会なのであらゆる場面、たとえば自動販売機でもカード払いができます。逆にクレジットカードがないととても不便です。

【物価】
地域によって違いますが、全体的に高め。特にロトルアやクイーンズタウンなど、観光客で賑わう街の物価は高いようです。消費税は15%。通常、チップを渡す習慣はありませんが、特別なサービスを受けたと感じたらチップを払うのは個人の裁量でしょう。

【治安】
おおむね安全で東京とあまり変わらない印象ですが、海外旅行で油断は禁物です。深夜になると酔客が多いので、夜のひとり歩きは危険。オークランドなどは夜間になると警官が見回りをしています。

【グルメ】
肉も魚も美味しいですが、特にキング・サーモンは肉厚で調理方法もバリエーションがあっておすすめです。また、肉は牛、ラム、鶏、豚、鹿、鴨と多彩。ラムは臭みがなく、日本で食べるよりも美味しく感じました。「ラムはちょっと苦手…」という方も是非ニュージーランドで召しあがってみてはいかがでしょう。
アルコールはワインが主流。赤白ともに口当たりが軽く飲みやすいものが多いので飲み過ぎには注意しましょう!ちなみに、水は水道水を飲むのが一般的。塩素などの薬品臭は一切なく美味しい水です。

日本から直行便でラクラクアクセス・ニュージーランド航空

今回のツアーで利用したニュージーランド航空は日本(成田空港・関西国際空港)からニュージーランドまで唯一の直行便を運航している航空会社。フレンドリーなサービスで人気のニュージーランド航空についてご紹介します。

【食事】
機内食は往復便とも2回。離陸後、約1時間半後に夕食、着陸の約2時間前に朝食です。夕食はビーフかチキンを、朝食は洋食か和食をセレクトできます。食事のサーブ前に日本語での機内アナウンスがあり、メニューと注文の仕方を説明してくれるので安心。また、夕朝食以外にクッキーなどお菓子のサービスもあり、追加注文もできます。

【タッチパネル】
他の航空会社と比べてとても便利だと感じました。中でも嬉しいサービスは、入国カードの日本語訳が確認できること。入国カードはすべて英語で書かれているうえ、項目がとても多いので、機内で記入する際にとても重宝します。
また、お菓子の追加注文やソフトドリンク、アルコールなどの注文もタッチパネルでOK。電気が消えてから何かを頼みたいときも、周囲の人に気を遣わずオーダーできます。
さらに、エンターテインメントも充実。日本語対応している映画が約70種類あり、大人から子供まで楽しめるラインナップが揃っています。ニュージーランドが舞台となっている『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズが人気のようです。

【その他】
受託手荷物は、エコノミーは1個、プレエコノミー2個、ビジネス3個までと決まっています。いずれも1個23キロまで。同行者との合計で46キロはNGで、あくまでも1つの荷物23キロ以内を厳守。

オークランド国際空港に到着したら

入国する前に

国際線で到着後、ニュージーランドへ入国するには、30~40分ほど時間を要します。これは、検疫に時間がかかるためです。
ニュージーランドの検疫は大変厳しいと言われており、入国カードの申告リストに「NO」と書いても再度、口頭で質問されます。検疫対象物を申告せずに持ち込みすると、高額の罰金が課せられますので忘れずに自己申告しましょう。
また、ハイキングシューズを持ち込む際にも必ず申告が必要で、「最後に使用した場所」などを詳しく質問されます。これは、国内の自然環境を守るために必要なこと。シューズを持ち込んでトレッキングなどを楽しむ予定の方は、シューズについた泥などをきちんと拭き取ってから検査を受けましょう。

飴1つでも持っていたら必ず申告。常備薬も何の薬なのか、英語で伝えられるようにしておくことが必要です。

国内線への乗り継ぎ

国際線から国内線への移動手段は、15分毎に出ているシャトルバスが便利。5分ほどで国内線ターミナルに到着します。ちなみに、徒歩でも10分程度。道路に緑の矢印が記載されているので、それに従って歩けば迷うことはありません。
国内線のターミナルはあまり大きくないうえ、フードコートはかなり混み合っています。ルックJTBのツアーで参加のお客様には、ここで軽食の葉巻寿司が配られますが、ゆっくりできる場所がないため、ほとんどの方は飛行機に持ち込んでいるようです。

乗継時間が1時間以上空いていれば、国際線ターミナルで荷物を預けることができます。1時間を切っている場合は、国内線にて手続きが必要となります。ルックJTBなら、乗継アシストサービスがあるので便利。

今回は、ニュージーランドの基本情報と、出発前からニュージーランド入国までの流れをご紹介しました。第2弾からは、ニュージーランドの魅力をたっぷり発信していきますので、どうぞ、お楽しみに!

  • ツイートする
  • シェアする
  • LINEで送る
<この旅に行った人>

東急トラベルサロン東急百貨店たまプラーザ店 原口
今回の旅行にあたり【100%ピュアニュージーランドスペシャリスト】の勉強をしました!NZの他にはアメリカ旅行とディズニーが好きです。グランドサークルやアナハイムなどのご旅行はお任せください!

関連記事

> 記事一覧