初めてでも安心! ハワイの「いいね!」がギュッと詰まったANAハローツアー ホノルルのホテル選びに迷ったら、ここを選ぼう!

(2019年7月1日~7月5日 3泊5日)
※レポート内容・情報は旅行参加時のものとなります。

  • ツイートする
  • シェアする
  • LINEで送る

観光アイランド・ハワイには素敵なホテルがたくさんあります。当然、どこを選んでいいのか、迷ってしまいますよね。そんなときにぜひ参考にしていただきたいのが、プロが実際に現地で見て、泊まって、納得をしたよりすぐりのホテル。今回もその目で見てきた「いいね!」確実ホテルを、一挙ご紹介していきます。

おすすめホテル

ワイキキ ビーチ マリオット リゾート&スパ

リニューアルで魅力アップ! ホスピタリティも万全。

ワイキキビーチの目の前に位置し、ビーチで遊ぶのはもちろん、ショッピングにも便利なホテルです。
リニューアルされたロビーは吹き抜けで開放感たっぷり。ハワイの太陽がサンサンと降り注いできます。客室に入れるのは午後からですが、チェックイン自体は7:30~19:00なら日本語専用デスクで行うことも可能。英語に不安があっても大丈夫です。また、ホテル内で段差がある場所にはすべてスロープが付いており、車椅子やベビーカーをご利用の方も安心できる設計です。さらに、ロビーにはタッチパネル型の案内板があり、ホテル内の案内の他、フライト情報などもチェックすることができます。この案内板は1~3階の各階にあり、宿泊客以外の方も利用することができます。
24時間営業のフィットネスセンターではビーチタオルの無料レンタルもあります。また、ホスピタリラウンジはチェックインの前でも、チェックアウト後でも利用可能。シャワーやトイレが無料で使えるので、到着後すぐ、出発ギリギリまで海へ遊びに行けます。

客室

ケアロヒラニタワー(シティービュー)
2019年にリニューアルされたばかり。クイーンベッド1台、もしくはダブルベッド2台が備えられています。ベッドの高さが低めなので、小さなお子様連れでも使いやすく安心です。
広さは約27㎡。淡い色で統一された室内は可愛らしい雰囲気です。バスタブはなく、シャワーのみとなりますが、タイの人気スパブランド「THANN」のアメニティが揃っているのは高ポイント。
ジュニアスイートタイプのお部屋になると、キングベッド1台とダブルベッド2台が完備。こちらもシャワーのみですが、シャワーブースやトイレが広く、段差がないので足が不自由な方や車いすの方でも安心してお使いいただけます。

ケアロヒラニタワー(オーシャンビュー)
キングサイズのベッド1台、もしくはダブルベッド2台が備わっています。広さは約39㎡と広め。シティービューのお部屋と同じく、バスタブなしでシャワーのみとなります。
おすすめポイントはやはり眺望。ラナイで「ザ・ハワイ」と言いたくなる景色を眺めながら、テイクアウトした朝食を楽しんだり、ゆったりと読書をしたりできます。

ここにも注目!
ANAハローツアーの代金には、さまざまなコンテンツの料金が含まれています。たとえば、ホテルのロビーで毎日開催されているキルトづくりやハワイの歴史を学ぶ体験など。お子さんと一緒に参加してみると楽しい思い出になると思います。

ハイアットリージェンシー ワイキキ ビーチ&スパ

日本人好みのサービスが行き届いた過ごしやすいホテル

目前にワイキキビーチと立地がよく、8角形のフォルムが印象的なホテル。フロント横で可愛い鳥たちがお出迎えしてくれるのにも癒やされます。
宿泊客の約60%が日本人ということがあり、日本語サービスが充実。その他にもさまざまな充実サービスがあります。たとえば、ブールではビーチタオルやチェアのレンタルが無料。ジムでもヘッドホンが自由に借りられ、ドリンクも無料です。また、ラウンジではソフトドリンクや軽食も用意されています。さらに、各フロアには製氷機とウォーサーバーが完備されています。客室内にホテルのロゴ入りウォーターボトルが用意されているなど、まさに至れり尽くせり。使用したウォーターボトルはそのまま持ち帰ることもできます。

客室

エヴァタワー(ワイキキビュールーム)
広さはラナイを含めて約40㎡と広々。クイーンサイズのベッドが2台備え付けられていても余裕があります。ワイキキビューの名に偽りなく、ラナイからの眺望は最高です。
海外のホテルは、歯ブラシやスリッパなどが完備されていないことも多いですが、全室にスリッパ、歯ブラシ、さらにウォシュレットも完備。日本人宿泊者が多いのもうなずけます。ウエディングドレスのような丈の長いドレスも掛けられるようになっているのも、日本人好みの心遣いです。

ここにも注目!
以前、カピオラニ公園で開催されていた「ファーマーズマーケット」が、現在、ホテル内に移転。毎週火・木曜の16:00~20:00にホテルの1階にて開催中です。地元産のフルーツや手作りパンなどを買うことができますので、覗いてみるのも楽しいですね。

さらに、ここにも注目!
ホテル内のスパ「ナホオラスパ」は、大きな窓からの景色がいいと評判。このスパで扱っているアメニティがホテルの各室に備えられているので要チェック!

シェラトン・ワイキキリゾート

ナンバー1の冠を2つも持つ人気ホテル

ワイキキの中心地と、立地の良さは言うまでもありません。どこへ行くにも便利という利点はもちろんですが、お部屋からの眺望もこの立地ならでは。オーシャンフロントのお部屋からはダイヤモンドヘッドが、オーシャンビューのお部屋からはワイキキビーチが楽しめます。
このホテルは、No.1の称号を持つ施設がふたつあります。ひとつがインフィニティプール。USAトゥデイ紙の「2018年全米ベスト・オブ・ホテルプール10」で第1位を獲得しています。海とプールがつながっているような開放感とともに、宿泊者で16歳以上のみ利用可という限定感が大人の心をくすぐります。

そして、もうひとつが、ホテルのオープン時から人気のレストラン「カイ・マーケット」。地元新聞ホノルル・スター・アドバタイザー読者が選ぶ「ベスト・ビュッフェ」第1位。111-Hawaii Award(ハワイ州観光局公認)「ベスト・ビュッフェ」第1位と、どちらも2019年に受賞しました。メニューが豊富なことに加え、食材の7~8割が地元産。やはり、旅に出たら、地元の美味しいものを食べたいですよね。
そして、サービスも充実。特に、宿泊者がお得に利用できる「レアヒ・クラブ・ラウンジ」はおすすめです。6:00~10:00はモーニングが用意され、10:00~16:00はリラクゼーションタイムとしてフリードリンクや軽食が楽しめます。さらに、16:00~20:00にはビールやワイン、おつまみが用意されるナイトタイム。30階に位置しているので、眺望の良さもバツグンです。その他にも、Wi-Fiやアクションカメラの無料レンタルなどもあって便利。

客室

シティービュー
オーシャンビューのお部屋より少し広め。ラナイにはソファが備え付けられています。そこから眺める景色は街並みとともに海も少しだけ。ハワイの気持ちいい青空が満喫できます。
バスルームには深めのバスタブがあり、お風呂好きな日本人にはうれしい。全室ウォシュレット付きなのも同様です。
ドアは二重扉。サッシも二重構造なので音が漏れにくく夜もぐっすり休めます。

ここにも注目!
よく、ハワイのパンフレットやガイドブックなどで見かけるホノルルの景色。実は、このホテルから撮影されたもの。もっともハワイらしい眺望を実際に楽しむことができます。

ヒルトン ハワイアン ビレッジ ワイキキ ビーチ リゾート

まるでひとつの街。超大型ホテルはファミリーにおすすめ。

ホノルル最大の規模を誇るホテル。その敷地面積は東京ドームの2.5倍と、ひとつの街と言ってもいいほどの広さです。ホテル敷地内にショップが充実しているので、ホノルルのメイン通り・カラカウア通りから少し離れている立地も気になりません。むしろ、アラモアナショッピングセンターには徒歩10分の近さ。カラカウア通りにもトロリーで行けるので問題なしです。
ホテルの敷地内で大抵のことが済んでしまう大型ホテルは、小さなお子様連れのファミリー旅行におすすめ。また、プールがたくさんあるのもおすすめのポイントです。中でも、人工ラグーンの「スーパープール」はまるで本物の海のようですが、お子様も安心して遊べます。
さらに、お子様連れにうれしいのは、DVDのレンタルがあること。滞在中は何枚でも無料でレンタルでき、ディズニーのDVDもあるので、お子様にはうってつけ。英語の勉強にもなります。

客室

レインボータワー(オーシャンフロント)
ラナイまで含めて約40㎡と広めのお部屋。出入口も他のホテルに比べて余裕がある印象でした。お部屋の角度にもよりますが、毎週金曜日に開催される花火をラナイから眺めることも。
ジュニアスイートタイプのお部屋なら、広さも約78㎡と広々。ラナイも2つあり、そのうち1つからはヨットハーバーが見下ろせます。窓も大きくて開放感たっぷり。

ここにも注目!
ホノルルNo.1の部屋数を誇るホテルなので、チェックイン時はフロントに長蛇の列ができることも珍しくありません。ANAハローツアーなら、専用の受付カウンターがあるので待ち時間はかなり短め。スムーズにチェックインでき、ホノルルを満喫できます。

シェラトンプリンス カイウラニ(宿泊ホテル)

美味しい食事と心地いい空間。快適さでおすすめしたいホテル

ビーチまで約5分とアクセスのいいホテル。今回、宿泊したタワーウィングスのパーシャルオーシャンビューのお部屋は、ラナイ付きの約26㎡と程よい広さ。個人的にはバスタブありがうれしかったです。
特筆すべきは、メインダイニングの「ピカケテラス」。基本は朝も夜もビュッフェですが、朝食はコンチネンタル・ブレックファストにすることもできます。仕切りのない開放感たっぷりの店内は、時間によってフラダンスのショーを楽しむことも。メニューの中では、肉厚のローストビーフと、ハワイアンカクテルのチチが絶品でした。
その他、プールサイドではビーチタオルのレンタルがあり、Wi-Fiも無料。雰囲気もサービスも気持ちのいいホテルです。

まとめ

実際に見たからこそ気付いた、ホテルそれぞれの細かい心配りやおすすめポイントをご紹介してまいりましたが、いかがでしたでしょうか。
個人的には、眺望と立地で選ぶなら「シェラトン・ワイキキリゾート」。日本人好みなのは、アメニティが充実した「ハイアット」かなと思いました。誰と行くのか。どう楽しむのか。一緒に旅をする人や旅の目的によってホテル選びの基準も変わってくると思うので、ぜひ、いろいろとご相談していただきたいと思います。

今回、利用してみて便利だと感じたのは、ツアーデスクなどで事前に購入可能な「ミールクーポン」。物価が高いホノルルでは、外食はかなり高く付きます。ミールクーポンは思っていたよりいろいろなメニューが選べるうえ、使えるホテルも多いのでおすすめ。あれこれとメニューに迷うこともなく、満足感もしっかりあります。

実際に行かなければわからないことがたくさんあり、体験したことでよりお客様に具体的なご提案やアドバイスができるようになったと自負しています。今回の経験を活かして、ホノルルの楽しさをたくさんのお客様にお伝えしていきたいです。

  • ツイートする
  • シェアする
  • LINEで送る

<この旅のレポートは>
東急トラベルサロン日吉駅 尾崎
学生の頃に沖縄に行って以来、沖縄の独特な時間の流れにハマってしまい、本島はもちろん、石垣島・宮古島・久米島・下地島・伊良部島・竹富島に行きました。沖縄のビーチ・グルメなどはお任せください!

東急トラベルサロン レミィ五反田店 小林
私は今回が初めてのハワイ!まだまだ初心者ですがなぜハワイにリピーター様が多いのかが良く分かりました。今回のハワイでは1日2万歩も歩きまわったので、これからもたくさん歩き回って、たくさん勉強していきます。

私たちにお気軽にお尋ねください

日吉駅

045-562-4735

レミィ五反田店

03-5449-4810

関連記事

> 記事一覧