旅レポート

REPORT

旅のつぶやき

海外

2023.2.9

カナダ・ケベックの冬の風物詩

旅づくりコンシェルジュ (石田)

画像

 

こんにちは! 暑い夏よりも極寒の冬の方が好きな石田です ☃


今日は私が世界で一番大好きな国 カナダの中から、全てが氷と雪で作られたホテル
『Hôtel de Glace』(オテル・ド・グラス=アイスホテル) をご紹介します!


カナダの東海岸に位置する世界遺産の街、ケベックシティから車で30分程の郊外にあるバルカルティエ村。
真冬の最低気温が-30℃近くまで下がることもあるこのエリアに冬限定で現れるのが、
このオテル・ド・グラスです。
壁や柱、テーブル・イス、ベッド、食器類に至るまで全て氷で作られていて、
ホテル内には氷のグラスでドリンクが飲めるバーや、氷のすべり台、氷のチャペルまであります!!


想像しただけで寒くなってきませんか・・・?
でも大丈夫♪
ホテル内の温度は-5℃前後に保たれていて、かまくらの中にいるように暖かいのです😉
日帰りの施設見学だけでも十分楽しめますが、ホテルなのでもちろん宿泊も可能です!
宿泊する際は氷のベッドの上にマットを敷いて、極寒にも耐えられる暖かい寝袋に入って眠ります。
なかなかできない貴重な体験ですよね☆


寒~いカナダの冬をいかに楽しく過ごそうか・・・
「人生を楽しむこと」をモットーとするケベックの人たちの想いから生まれた、
とっても素敵なホテルです☆

 


ちなみに!! カナダよりもっともっと身近な場所でもこの素敵な体験ができるんですよ😁
それは、北海道の星野リゾートトマム に毎年冬限定で現れる氷の街、アイスヴィレッジ です!
遠いカナダはなかなか行けなくても、北海道なら気軽に行くことができるのではないでしょうか?😉


寒いからこそできる、冬ならではの貴重な体験をぜひ♪

 


★★★カナダ・北海道旅行のご相談は石田へ・・・旅行相談予約ページ ★★★

SNS SHARE

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

旅づくりコンシェルジュ

石田